TOEICのリスニングパートが正直言って聞き取れない

今回TOEICを受けるに当たって中学レベルの勉強を復習して600点を目指すというのをテーマにしていました。

なので、中学レベルで云々みたいな参考書を買ったんです。

そうやってガリガリやっていたんですが、テスト1週間前になって気づいたんです。あれ、TOEICってリスニングパートがあるし、俺リスニングの勉強全くやってないよね?って。

手元にある中学レベルで600点のテキストは文法だけよね……。

なのでリスニングが第225回のTOEICテストで出来ないのは仕方が無いと思います。が、今回リスニングの勉強もしてないので、今後どうやってリスニング力を上げるかの見通しも出来ていないんですよね。

つまり勉強法を試して成果が出るか出ないかの確認が出来ていない状態。

それが本当に問題だなと。

スポンサーリンク

こつこつディクテーション(書き取り)に励むか?

TOEICリスニングパートの練習を開始するに当たり、購入した書籍の一つに「TOEIC TEST サラリーマン特急 新形式リスニング」があり、その著者の八島晶さんが前書きで、リスニング力はこつこつとディクテーション(英文をリスニングして書き取り)で一段階上がったと書いていました。(その後は壁に当たるらしいですが)

僕もこれを読む前からリスニング力を上げるには書き取りだろうなと思っていて、かつてやっていたNHK基礎英語2、3のディクテーションを再開しようかと思っていました。

でも、ちょっと待てよと思いました。

このエクセレントなペイントで作成した画像をご覧ください。

下側が英語が聞き取れない側、上が英語を聞き取れる側です。

NHK英語講座なので英語の発音がちゃんとした人を選んでいるでしょうし、文法は当然基礎講座なので中学レベル、それにTOEICテストほどは早くないのでディクテーションの題材としては打ってつけだと思います。

なので、基礎英語を使って聞き取りをやっていけば、ゆくゆくはTOEICも聞き取れる、最低でも今よりはリスニング力は上がると思います。

しかし、それは遠回りな気がします。

僕は1月のテストでスコア900点を目指しているのです。最短、最速の距離を走る必要があります。

もう一度図を見てもらって、真ん中の水色にご注目ください。

これは努力量を表しています。

NHKの基礎英語を聞き取れて、かつそのリスニング力がTOEICにも好影響を与えるにはこれぐらいの面積の努力量が必要になるのではないかと思います。

だって、基礎英語とTOEICのテストってやっぱり違いますからね。

しかし、TOEICの問題、しかもリスニングパートだけをディクテーションすればどうなるでしょうか?

もちろん最短最速でTOEICリスニングパートに効果のあるリスニング力をつけることができます。努力量だって少なくて済みます。

バンザーイ!バンザーイ!

TOEICのリスニングパートの難易度が高いのが問題

TOEICの何が辛いかって試験がエキスパートから僕みたいなapprentice(名詞:見習い、実習生)、novice(名詞:初心者)でも同じ試験問題であること。

つまり、リスニング力ゼロな僕にはちとキツイ。本気でTOEICテストや問題集の英文が頭の中で意味をなさないことが多々あります。

そこを先達は総合的な英語力を身につけるという意味も込めて簡単な基礎英語やVoice of Americaなどその他テキストと音声がついた教材をやってきたわけ。

しかし、先ほども書いたように僕には時間が無いので、無理やりTOEIC問題に挑むしかない。

なるべく取り組む英文の難易度を下げるためにアマゾンでTOEIC問題集であり、音声がついていて簡単なものを買い漁るしかないかなと思っています。

リスニング力ゼロからのリスニング力アップ法(仮)

これは僕自身で実証できていないので仮説になります。

今回TOEIC勉強中での気づきですが

英文をリスニングする→聞き取れない

でも、英文と日本語訳を見比べながら意味のまとまり(チャンクとかいうらしい)ごとに下のような感じで読むと

My uncle /who is in jail /isn’t liked by everyone.

私のおじさんは/刑務所にいる/誰にも好かれていない。

次にリスニングする時に英語っぽい音声から意味を持った英語になることが多々ありました。

こんな感じで最初はモザイクだった英文が、はっきりしてくる。でも、ちゃんとまとまりごとに英文を読み込んでいないと、次にリスニングしてもダメです。

まぁ、英文を読み込んで英文内容を記憶しているだけという可能性もあるんですけどね。

ですが、これで数多くのTOEIC英文を読み込んでいくのがリスニング力を上げる第一歩かなと思っています。

2~3週間ぐらいやってみて成果を試したいと思っています。

TOEICリスニング力ゼロからのリスニング力をつける方法まとめ(仮)

年内にリスニング力を上げるメドをつけられないと1月にTOEICスコア900点なんて夢のまた夢になってしまうんですよね。(100日で400点から900点へアップという無茶な前提は置いといてもね。)

まずは今日書いたPlanをDoして何がSeeかを確認したいと思います。

あと本文中で書いたapprentice(名詞:見習い、実習生)、novice(名詞:初心者)はTOEICに出るそうです。

僕はこれを25年前に発売されたダンジョンマスターという超傑作3Dダンジョンロールプレイングゲームで知りました。

約25年経っても俺は続編を待っているぞ!

ブログランキングに登録しています。

お帰りの際にはクリックのご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ

英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH
TOEICもビジネス英会話も、そして受験リスニング対策も全部これ1つでOK!
人気ゲーム制作会社が考えたドラマ式レッスンは、 ビジネスにもプライベートにも使える英語が満載!
レッスンでは、ストーリーを楽しみながら、 よく使う単語のチェックや言い回しを クイズや一流講師による動画解説で気軽に学んでいくことができます。
レッスンは最短2分から受けられるので、忙しくても大丈夫!
通勤・通学の合間や、スキマ時間に、 特別な教材を準備しなくても受けられます!
レッスンを受けていくと、あなたの聞き取れない原因を分析して その克服のためのレッスンをご用意。
楽しみながら自然に英語が上達していきます。
無料体験期間もあり!
スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク




コメント

  1. 同世代の学習者 より:

    短期間でとても高い目標をお持ちですね。
    応援しています。

    本音を言うとそんなに甘くないと思うのですが、もし本当に実現したらすごいと思います。
    普通の勉強量では到底達成できないと思うので、今は1日10時間くらい勉強しているのでしょうか?
    きっと皆さん参考にしたいと思いますので、たまに勉強記録などをアップしてはいかがでしょうか?
    アプリのスタプラ(studyplus)を利用されると便利ですよ。

    100日で達成できなくても、是非諦めずに続けてほしいです。
    ちなみに、私は900点達成まで仕事しながらですが1日1〜2時間で3年かかりました。
    頑張ってください。

    • 管理人 より:

      コメントありがとうございます。

      そして、「本音を言うとそんなに甘くないと思うのですが、もし本当に実現したらすごいと思います。」というご指摘はもっともだと思います。

      実は色々思うところがあって意識的に英語学習に関する情報やノウハウをあまり取らないようにしているのです。

      なので英語学習界隈では有名?な英語上達完全マップも見たことがありませんし、英語力アップに関するノウハウ記事もほぼ見ません。

      無知、無謀な、ままひとまず突っ走りたいと思っています。

      また、勉強記録に関してもつけているのでそれをまとめて公開したいと思っています。

      1月のTOEIC試験でダメなら3月とは考えていますが、そこで達成できないようなら英語学習には見切りをつけるつもりです。

      具体的な勉強時間参考になりました。同世代の学習者さんの後を追っかけて900点まで期間は短いですが頑張ります!

  2. 同世代の学習者 より:

    お返事ありがとうございます。
    私も有名な勉強法はやっていません。
    自分が必要と思う勉強を中心にしています。

    話せなければ(コミュニケーションがとれなければ)意味がないと思っているので、TOEIC用の勉強は試験前だけで、
    普段はスピーキングメインにやってきました。

    多くの学習者が指摘していますが
    TOEICで900を取っても、ドラマや映画はちゃんと聞き取れないです。
    (私もTOEICのリスニングは満点取れますがそんなもんです)
    スピーキング力もたかがしれています。
    それでも900は取れます。
    なぜなら英文自体は単語も文法も簡単で、音源もきれいすぎるからです。

    そうなると900は簡単なのか?と思われるかもしれませんが
    やっぱり900は簡単ではありません。

    多くの方が人生を変えようとTOEICにチャレンジしますが、
    思ったほど簡単に伸びず早々に諦めてしまいます。
    そういったブログをよく見かけます。

    友人にもいました。

    余計な事だろうなと思いましたが、
    3月で見切りをつけるとおっしゃっているので
    それは諦めるのがちょっと早すぎるかなと思います。
    (友人と同じようなことを言ってらっしゃるので心配です。友人はすぐに結果が出なかったので「見切り」という諦めをしていました。)

    なんて、まだ結果が出ていないのに心配しすぎですよね。
    すみませんm(_ _)m

    是非頑張ってください!
    努力で人生が変わる方を見てみたいです。
    同世代の学習者として応援しています。

    ちなみに、私は働きながら小さい子の子育てをしているので、隙間時間を全て勉強に注ぐ同世代の女性です。

    毎日分単位で時間に追われながら頑張っています。
    休日は多いと8時間くらい勉強します。
    大学受験以来の英語学習を始めたのは35歳くらいの時です。
    これからも一生かけて学習していくつもりです。

    今日は久しぶりの休みなので、思う存分勉強します!
    お互い頑張りましょう。

    • 管理人 より:

      お返事が遅くなって申し訳ありません。

      >話せなければ(コミュニケーションがとれなければ)意味がないと思っているので、TOEIC用の勉強は試験前だけで、普段はスピーキングメインにやってきました。

      同世代の学習者さんと同じ考えで、僕は挫折してしまったんです。

      英検やセンター試験など英語学習界隈も最近では4技能(聞く、話す、読む、書く)に注力していくなど、従来の学校英語、受験英語ではいけないという流れがあるように思います。

      それに当てられたわけではありませが、昨年4月から英語勉強を開始した時には発音やリスニングにも意識的に勉強時間を振ったり、中学レベルでいいから話せる力をつけようとしたり色々(いや、同世代の学習者さんの勉強量に比べれば細々かもしれませんが)やりました。

      途中みっちり勉強したわけではありませんが、その結果どうなったかというと、兵庫県の公立高校の過去問で8割程度取れる程度になっただけで、中学レベルの英語で話せる、聞けるようにはなれませんでした。

      こりゃダメだと思い、もう英語勉強を投げてしまったんですね。

      コメントの後半部分で3月で見切りをつけるのは~と助言を頂いておりますが、僕は30代後半フリーターで、就職に有利になるのではと思いTOEICを勉強しております。

      なので3月までやってダメなら他に注力して就職活動をしていくほうが得策だと考えています。

      もちろん、就職してからその後英語勉強を再開する可能性もありますが、やっぱり今は就職ありきで考えています。

      今日で1月のTOEICまで50日、その次含めれば90日程度。こんな短期間でTOEIC900点は無理だというのは承知の上ですが、短期間だからこそ今の僕にとっては賭ける意味があります。

      一刻も早く就職しないといけない年代なので短期間で結果だせなきゃ意味がないんです。

      それがどうなるかはこのブログで公開しますので、お楽しみにしてお待ちください。

      >ちなみに、私は働きながら小さい子の子育てをしているので、隙間時間を全て勉強に注ぐ同世代の女性です。

      >毎日分単位で時間に追われながら頑張っています。 休日は多いと8時間くらい勉強します。

      素晴らしいです。育児も大変なのに向学心を持っておられ、頭が下がります。白状しますが、今日までまだ8時間も勉強したこと無いです。

      英語を真剣に勉強している人からすれば笑わせる条件、勉強量かもしれませんが、長くて後100日ほどなので温かく見守っていただければ幸いです。

      あと、お暇な時にまたコメントいただければ嬉しいのですが、同世代の学習者さんはTOEIC900点以上をとって仕事上有利になりましたか?

      またよろしくお願いいたします。

  3. 同世代の学習者 より:

    お返事ありがとうございました。
    お仕事が忙しそうですね。

    “3月まで”とタイムリミットをかけているのにも理由があるのですね。

    特に理由がなくこの短期間は、とてももったいないな〜と思ったのですが、色々考えていらっしゃるみたいなので、それはそれでいいんじゃないかと思います。

    本当に話せるように、仕事で有利になるようになりたいと言うことでしたら短すぎると思うのですが、
    就職のツールとして、高得点さえが取れればいい、就職後は英語力は必要ないと言うことでしたら、スパッとやめるのもありかなと思います。

    仕事上有利になったか?というご質問ですが、

    私の職場は専門職のため、TOEICや英検でいくら良い点が取れても実践では役に立つレベルではありません。
    もちろんスピーキング力も必要ですが、その前に膨大な専門用語の暗記の必要があるためです。

    逆に言えば、TOEICなどでいい点が取れなくても、
    専門的な事について英語でコミュニケーションが取れれば問題ありません。

    ただ、これは日本独特だとは思うのですが、
    いくら英語による仕事力があったとしても、結局

    「TOEICは何点?英検は何級?」

    と聞かれてしまうようなので、そう聞かれたときにある程度の点数があった方がいいだろうと言うことで受けた次第です。

    結論を言えば、TOEICの結果で「仕事上有利になるか?」
    については、就職活動に関してはイエスといえると思うのですが、
    職種にもよると思いますし、それなりの点数がないと意味がないかな?と思います。

    私は現在働いていますし、もしこれを武器に転職した場合、即戦力にならなければ意味がないと個人的に思っているのですが、
    TOEIC高得点=英語で仕事ができるレベルとは言えないため
    今は自分が納得できるまで転職をするつもりはありません。

    私は何か一つ強みがあって、それにプラスで「英語もできます」となると他と差が出るのかなと思っているので、英語の位置づけはあくまでサブです。だから長期戦です。

    これは私の場合なので、英語一直線、すぐに就職に役立てたいという方のご意見を参考にした方がいいかもしれませんね。

    ちなみにですが、語学は資格の中では特に時間のかかる資格ではないかな?と思います。
    またライバルも多すぎる気もします。

    「ある程度できる」レベルでしたらすぐに上達すると思いますが、そのレベルの人はいくらでもいるため、職種によってはあまり有利にならないのでは?と思います。
    (900はそうそういないと思うので有利だと思いますよ!)
    ある程度のレベルでしたら、それよりも実践的に役に立つ資格の方が仕事上は有利なのでは?と思っています。

    でも、それも簡単に取れる物はライバルが多いため実際は難しいかもしれませんね。マニアックな仕事、自分が得意な分野が一番だと思うのですが、難しいですよね。

    と色々語ってしまいましたが、
    管理人さんは意思をしっかりお持ちのようですので、私の友人とは違うと思います。
    意志が強ければきっと結果につながると思っていますので頑張ってください!
    応援しています。

    あ、明日TOEICの結果発表ですか?

    結果に現れているといいですね!
    お仕事も忙しそうですが頑張ってください(^_^)

    • 管理人 より:

      早々にお返事頂きありがとうございます。

      >本当に話せるように、仕事で有利になるようになりたいと言うことでしたら短すぎると思うのですが、

      僕も仕事でバリバリ英語を使って会話したり、契約社員の職としてあるような翻訳作業とかは厳しいとは思っています。

      > 就職のツールとして、高得点さえが取れればいい、就職後は英語力は必要ないと言うことでしたら、スパッとやめるのもありかなと思います。

      僕は総合的な英語力を身につけるのは諦めたので、TOEIC受験は車の免許感覚ですね。要普通免許の仕事にありつくような感じです。

      >私の職場は専門職のため、TOEICや英検でいくら良い点が取れても実践では役に立つレベルではありません。

      素晴らしいですね。専門的なスキルを既に身につけたうえで英語もとなれば良いですね。

      僕はその専門的なスキルがあれば英語なんて考えもしないでしょう。

      >私は何か一つ強みがあって、それにプラスで「英語もできます」となると他と差が出るのかなと思っているので、英語の位置づけはあくまでサブです。だから長期戦です。

      僕も同じように考えていて、宅建などを取って簡単な英会話が出来る宅建持ちにでもなるのが就職の早道なのかなと思っています。

      でも宅建は年に1回で秋の試験なんですけどね……。

      >「ある程度できる」レベルでしたらすぐに上達すると思いますが、そのレベルの人はいくらでもいるため、職種によってはあまり有利にならないのでは?と思います。

      訪日外国人が増えて、最近外国人向けの宿が多く、そこにはTOEIC900点以上ではないかもしれませんが、ちゃんと英語で対応できるスタッフさんとかいますから確かにライバルは多いのかもしれないですね。

      というか英語塾が主要な駅に津々浦々まであることを考えれば、英語は差別化を計るには確かに厳しいジャンルなのかもしれません。(今気づきましたが……)

      まぁ、悩んでも仕方がありません。どーんと行って散るも花なら咲くも花。やってみてその結果、顛末をここで書こうと思います。

      >あ、明日TOEICの結果発表ですか?

      これ、恐らくネットでの発表ですよね?でも、僕はネットでは確認せずに郵送を待つことにしました。

      理由はあまりに酷い点数だと勉強のモチベーションが落ちるので先延ばしにしました^^;

      ということでお忙しい中、コメントありがとうございました。
      またよろしくお願いいたします。