おっさんが短期間でTOEICスコアを上げている理由

あけましておめでとうございます。
1年が新しく始まったことだし、何かしら書こうかなと思って書いてみます。

スポンサーリンク

1月のTOEIC試験はいい線まで行くとは思う

年末、今日、そして一応再確認でTOEIC模擬試験と題して公式問題集を解いています。その結果は明日以降具体的に書きますが、まだ3ヶ月で900点は脱落していないレベルにはあると思っています。

これまでの右肩上がりの成長度合いと運が見方すればいくんじゃないのかなぁと。

まぁ、そういう話は次回の記事に回すとして、もうちょい自分のメモとしても今の状況なんかを書き記していきたいと思います。

うまく行き過ぎているとは自分でも思う

このブログを開設して約2ヶ月。

TOEICのスコアもわりと順調に上がっているし、お前本当はなんか隠しているだろう?と思われるかもしれません。

  1. 実はTOEICを何年も勉強していた
  2. 実は高学歴
  3. 実は英語に関わる仕事をしていた
  4. 実はめちゃくちゃ勉強している
  5. 実はTOEIC以外の英語勉強をやっていた

でもどれも当てはまりません。ラストだけは当てはまるかな。

前にも書きましたが昨年度(2016年度、つまり2015年4月~2015年3月)は中学英語の勉強をやりました。

それは認めます。その結果として兵庫県の公立高校過去問をやって8割程度はとれるようになりました。

でも、大の大人が1年掛けて公立高校の入試で8割取れるレベルってなんじゃそりゃー!と思って英語の勉強投げたんですよ。

そっからTOEICやろうと思ってみたものの、難スギィ!と思ってさらに挫折。そんな折にAbemaTVのロンブー敦の青学一直線に影響を受けてやってみたら波に乗れちゃった感じ。

TOEICスコアを上げるためだけの勉強をしている

波に乗れている理由の大きな理由としてTOEICスコアを上げるためだけの勉強をしているというのもあると思います。

逆に言うとTOEICスコアが上がらないと思ったことはしませんし、勉強の仕方もすぐに変えます。

なのでリスニング勉強などでも試行錯誤を繰り返しています。

それが早期に結果に結びついているんだと思います。

あとこれを僕が言うのは時期尚早だとは思いますが、試験って形式が決まっているとやっぱり攻略法めいたことはあると思うんです。その攻略法にしたがっているというのはあるかなと思います。

短期でスコアが上がるとモチベーションが下がることは無いですし、スコア狙いの勉強はその点でも良いのかなと感じています。

英語に憧れていないし、興味も実はあまりない

僕前にコメント頂いた時にもそういう話を書いたんですが、TOEICスコア900点越えって就職試験のための免許ぐらいに考えています。

タクシードライバーになるためには2種免許が必要ですが、そんな位置づけです。

別に英語喋れたら海外の友人が一杯できるぜ!とか世界をまたに駆けてなんて考えていません。

僕の英語が出来る人で一番最初に思い浮かぶのは映画翻訳で有名な戸田奈津子さんです。

(落語家の桂歌丸さんと同い年だと今日初めて知った……戸田さんお元気だなぁ。)

彼女はトムクルーズにトムちゃんとかシュワルツェネガーにシュワちゃんとかいう間柄のようですし、凄すぎて憧れもできません。

でも、そんなあまり期待もしていないぐらいの方が淡々と努力が出来て良い様な気がしています。

これは本気で!

英語や海外への思いが強ければ英語学習にプラスになるのかというと、そうではないケースも一杯あるきがします。

これは今後僕の挑戦がうまくいったら別記事で書きたいと思います。

意思の力を使わない勉強法でやっている

数年前にスタンフォードの自分を変える教室という本が流行りました。

あれで扱われていたのが意志力というもので、意思の力は筋力のように強くすることもできるし、疲れたりもするなんて話がありました。

それに倣ってというわけではないですが、なるべく意志力を使わない勉強法にしています。

どういうことかというと音声での勉強が中心です。

今日やる分の音声がスタートしてしまうと、もう勝手に音声が今日の終わりまで話してくれるので僕は引きずられるだけなのです。

正直言って集中できていない時もあります。でも、音声は進むでの音声さえスタートさせれば今日のノルマまではトコロテン方式で押し出してくれるのです。

これも結果が出れば詳しく書きたいと思います。

まとめ

TOEIC900点を取ることで人生が変わるとも実は思っていません。

そういううたい文句の本に勇気付けられてTOEICに挑みましたが、今は純粋にスコアアップというゲームを楽しんでいます。

その結果が勝とうが負けようが楽しめたという思いは残るでしょう。

決戦は今月28日。

短い期間なので時間を大切に取り組んでいきたいと思います。

ブログランキングに登録しています。

お帰りの際にはクリックのご協力をお願いいたします。


にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ

スポンサーリンク




スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク